あやめ第一公園・あやめ第二公園

あやめ第一公園とあやめ第二公園は、中央区の清洲橋近く、首都高の高架下にある公園です。

細い道路を挟んで向かい合っており、ほぼつながっているため、本記事では一つの公園として扱います。

高架下の日陰

冒頭でも触れたように、本公園は首都高の高架下に作られているため、日陰になっています。少し薄暗いですが、日焼けを気にする方にはむしろ都合がいいかもしれませんね。

DSC00263こちらはあやめ第一公園を入り口から見渡したものです。

がらんとした広場があり、人気も少ないです。

園内の遊具

あやめ第一公園には以下の滑り台が一つだけ、それ以外はあやめ第二公園側にあります。

DSC00264小さな滑り台。登り口が電話の受話器の形になっているのが特徴的ですね。

以下はあやめ第二公園側にある遊具です。DSC00267

 

DSC00270まずはブランコ。

DSC00269奥にあるのがシーソー。比較的小さめです。

手前にあるのは、なんという名前の遊具でしょうか?
樽のようなものの上に乗って、手すりにつかまりつつ、歩いて回転させて遊ぶもののようです。

DSC00268滑り台と、奥にスプリング遊具が1台あります。

手前にぶら下がる遊具があります。これもなんという名前の遊具なのでしょうか?
子供がつかまるには少々位置が高いような気もします。

その他の設備

ミニグラウンド

少し小さめのグラウンドです。

DSC00271小さめなので野球は難しいでしょう。

キャッチボール場

DSC00272フェンスに囲まれたキャッチボール場です。これなら多少暴投したとしても安心ですね。

なお、利用時間は午前7時から午後8時で、利用料は無料です。ただし、原則として中学生以下の子どもを対象としています。

公衆トイレ

あやめ第二公園側にはありませんが、あやめ第一公園側にあります。

DSC00265男女別、多目的トイレもあります。

アクセス

最寄り駅は東京メトロ半蔵門線 水天宮前駅です。

駅を出て南に歩き、ロイヤルパークホテル前を通過して、横断歩道を渡った、首都高の高架下にあります。徒歩2分程度で到着します。

 

以上、あやめ第一公園・あやめ第二公園の紹介でした。日陰の静かな公園でのんびりしたい方はぜひ来てみてください。

 

あやめ第一公園・あやめ第二公園のスポット情報

所在地

東京都中央区日本橋中洲十四番一号

アクセス

東京メトロ半蔵門線 水天宮前駅 徒歩2分

遊具・設備

ブランコ,滑り台,スプリング遊具,ミニグラウンド,キャッチボール場

面積

720平方メートル

公衆トイレ

あり(男女別、多目的トイレあり)

URL

http://www.city.chuo.lg.jp/sisetugaido/koento/catchball/ayamedai2.html